年度クラブ方針

  可児ライオンズクラブ2017年度会長 高山 英雄

2017年度スローガン

1. クラブ会長方針

・次なる100年に向かって会員増強(女性会員含む)と青少年育成、地域の環境問題に取り組んでいきます。

・やろまいかふるさとの川づくりが10年で一区切りができ、次の10年に向かってみんなで考えていきます。

・他クラブ、団体との交流を積極的に行い、クラブ活動に希望と情熱も持って

2. 青少年に夢と生きる力を

・青少年の育成は、私たちにとって重要な課題です。自殺、いじめ、薬物乱用が社会問題になっています。
子供たちに生きる力を、他人を思いやる心を、苦しみに立ち向かえる子が育つ環境造りをしていきます。

3. 会員増強(GMT,GLT,FWT)は奉仕の力

・退会者を極力なくし会員増強を図っていきます。
・地域を巻き込んだ奉仕活動を展開し、仲間を増やし奉仕の輪を広げて行きます。

4. 計画・財務

・楽しい例会を計画、運営していきます。

5. 四献運動で救おう尊い命

・献血、献眼、献腎、骨髄移植など啓発活動を推進し、地域社会に命の尊さをPRし、善意の輪を広げていきます。

6. LCIFを通じて国際貢献

・年間を通じてLCIF献金をクラブに協力要請します。

幹事 橋本英昭

2017年度 クラブ幹事として

今年度、高山英雄会長よりクラブ幹事に任命いただきました。
私自身可児ライオンズクラブに在籍して10年という区切りに大役を受けることが出来て光栄に思います。
10年間の経験を生かして、高山会長の思いを実現する為に、5役の皆さん、理事メンバー、そしてクラブ会員の方々をまとめて行きたいと思います。
私自身未熟者ですので、いろいろあるとは思いますが、皆様のあたたかいご支援、ご協力をよろしくお願いします。

会計 可児征子

三役(会計)を引き受けて

職業柄、得意と思われたのか可児ライオンズクラブに加入して3年足らずなのに安易に会計を受けてしまった。予算成立までは数字が生き物のようにあちらの意見、こちらの反論を勘案しながら、時に行方不明になりながら理事会承認にこぎつけた時は一年任期の半分の荷が下りた感がした。しかしこれからが予算とにらめっこをしながらの仕事が始まる
「われわれは知性を高め、友愛と相互理解の精神を養い、平和と自由を守り、社会奉仕に精進する」のライオンズの誓いを守りながら役目を果たしていこうと思います。

第一副会長 丹羽千明

第一副会長として

今年度、第一副会長を務めさせて頂くこととなり、身の引き締まる思いです。高山会長の基本方針に従い、微力ですが応援させて頂きます。所管させて頂く委員会のフォローも行い、有意義な例会・アクティビティを目指します。
一年はあっと言う間に過ぎてしまいます。会員の皆様にはどうかご指導・ご協力をお願い申し上げます。

第二副会長 林伸吉

可児ライオンズクラブに入会して早いもので9年の月日がたちました。
クラブ例会はこの9年間全出席していますが、一度も理事メンバーになっていません、 前8年間は可児市消防団分団長、川合自治連合会会長、商工会議所川合支部長、学校評議議委員、お寺檀家総代会長、公民館運営審議委員、社会福祉協議会評議委員、各会にも出席が多くライオンズクラブには大変ご迷惑をお掛けし申し駅なく思っています。 この度前田祐三前会長から第二副会長の依頼が有り引き受ける事になりました.
担当委員会はLCIF(保健、四鋼、環境保全公衆安全、PRIT各委員会で各委員長様方から本年度の事業計画、予算案が堤出され各委員の皆橡と慎重審蟻しましたので理事会 例会の場で承認される事を願っています。 新年度会長高山英雄 L,幹事橋本英明 L,会計可児征子 L,第一副会長丹羽千明 各委員長様方を助けながら私もこの2年間勉強させて頂きますのでよろしくお願いいたします。(させて頂きます、奉仕の心、いつもニコニコ笑顔で明るい心を)モットーで頑損ります。

GMT・GLT委員長 藤掛義彦

GMT GLT 委員会 委員長として

今年度、高山会長より、GMT・GLT委員長を仰せつかりました藤掛です。
大変、重責な役職ですので、プレッシャーと緊張を感じております。
GMT・・・会員拡大は、メンバーすべての方々の情報無くしてできませんのいで、情報を教えていただき、委員会で動いていこうと思っております。
また、極力退会者を少なくしたいと思います。
GLT・・・会員研修は、基本的に入会5年未満の方々を対象に、ライオンズクラブについての研修勉強会をしたいと思っております。
入会してたのしいと思えるクラブにしていきたいと思っておりますので、皆様のご協力ご支援をお願いいたします

次期計画・財務委員長 細川吉文

“ 大切な時間を活かしたものに ”

会長方針のなかの「計画・財務」のところで、「楽しい例会を計画、運営していきます」と掲げられています。これに則りこの1年間の業務を遂行して参りたいと考えております。
具体的にどのように進めて行けばよいのか分かりませんが、見出しのフレーズを念頭に、少しでも記憶に残る例会等に心掛けて行きたいと思っております。
会員皆様のご意見を拝聴しながら、より良い事業計画、推進を図って参りますので、何卒ご支援、ご指導を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

YCE・国際関係委員長 長谷川高志

この度YCE委員長となりました。L長谷川です。よろしくお願いします。
YCEの活動はこれからの若い世代の方が外国に行き国際交流のお手伝いができる素晴らしい活動ではないかと思います。海外に派遣を経験した子供たちは、おそらく自分の子供にも同じ経験をさせたいと思うことでしょう。
世代から世代へと良い考えが受け継がれてゆくことと思います。また活動を通じて、御両親や周りの人に感謝の気持ちも理解してほしいと思います。このような経験をした子供たちはきっと社会に出でからも活躍出来る事と思います。
YCE活動を通じて若い世代のお役にたてることは、非常にうれしく喜ばしいと思います。

青少年健全育成委員長 加来義人

青少年健全育成委員長を迎えて

今年度、青少年健全育成委員長を受けることになりました。
ジュニアゴルフ教室をはじめ,薬物乱用防止出前講座も今年は小・中学校あわせて9校から要望をいただいているということで一年間とても忙しく活動できそうです。
また、青少年野球教室に至っては今年で10周年を迎えるそうです。健康で有能な青少年を育成する為の援助を行い、青少年が責任ある行動と上手なコミュニケーションが取れるように目いっぱい一年間頑張りたいと思います。
皆様のご指導、ご支援の程宜しくお願い申し上げます。

LCIF保健・四献委員長 伊左次誠

2017はLCIF保険・四献委員長

本年度はLCIF保険・四献委員長を引き受けることになりました。
当委員会では世界最大の奉仕団体の一員である可児LCメンバーの皆様に今一度LCIF献金の意義と必要性、四献活動の促進を伝えこれらの活動を支えるメンバーの健康維持の手助けをする事が出来る様、微力ながら努力したいと思います。
最後に高山会長の方針に基づき委員会メンバーの総意をもって可児LCの多くの皆さんの協力が得られるような事業展開が出来る様頑張りたいと思います。

環境保全委員長 鈴村直也

環境保全委員長を久しぶりに就任しました鈴村でございます。高山会長の足手まといにならないようがんばりますので宜しくお願いします。
委員会は副委員長がL大平、協力委員がL前田、L山内、L吉田、L赤羽の精鋭ぞろいですので楽しい一年になりそうです。今年は、可児川の環境保全だけでなく、可児ライオンズクラブ内の環境を一層保全して今までよりもっとコミュニケーションのとれた仲のよいクラブになればいいという思いから、担当例会は食事会を中心に例会を進めたいと思います。人を良くすると書いて食事と読みます。まずは食事会を中心に実行したいと思いますので、宜しくお願いします。最後に一言、楽しい一年でありますように。

PR・IT委員長 可児慶志

クラブの対外的PRと会員相互の情報共有の強化を目指して

ガバナー大賞を受賞するなど、際立った活動をしている可児ライオンズクラブである。対外的なPRを充実して、会員としての誇りに結び付けたい。市民参加型のアクティビティをホームページでPRしたり、青少年に対する多くの奉仕活動を市民に知っていただく、また環境意識の高揚を図っていくことなど市民活動のモデルとして周知をしたい。また、会員がクラブの活動を歴史的に振り返るとき、紙ベースの資料ではわかりにくいものを、ホームページにデータで保存していくことにより、各委員会の活動計画の作成及び実践の参考になればと期待する。

テール・ツイスター 吉田久

テール・ツイスターを拝命しました

可児ライオンズクラブに入会して満14年が過ぎました。この度、久しぶりに2回目のテール・ツイスターを拝命しました。これまで、若手のメンバー達が色んな工夫をされて役目を果たされました。やはり自発的に貴重なドネーションを頂く事、そして例会を有意義に図りながら会員相互の親睦を深める事と考えますが……まだ模索中です。少し洒落っ気のある例会のムード作りをと考えていますので、メンバー様にご協力を頂き、三役さんを始め各担当例会の委員長さんには事前のお声かけ、ご指導の程宜しくお願いします。何よりも更なる自分の勉強の場として精進しますので、ご協力の程宜しくお願いします。

Copyright(c) 2011 可児ライオンズクラブ All Rights Reserved.